トップページ 事業案内 完成物件ギャラリー
工法の種類 会社概要・求人
失敗しない家づくりのヒント お問い合わせ
 
 
 
耐火・耐久・耐震
健康と住まい
省エネ
防犯対策
メンテナンス
 
 
 
1
玄関ドアは、ワンドア・ツーロックが基本で、ピッキングに強いディンプルキーや、万が一 ガラスが割られても、取り外しておける補助錠(おでかけサムターン)なら安心です。
2
手口は通風や採光が欲しいところですが無用心なので、一体型の面格子や合せガラスに、 玄関同様ツーロック+ディンプルキー+おでかけサムターン(内側の鍵のつまみが取り外し可能になったもの)で万全です。
3
面格子はクロスタイプの一体型のものの方が防犯度は高いです。後付けタイプの場合は、取付ビスの頭を潰しておくことが大事。 特に1階周りの人目のつきにくい箇所に設置する事が肝心です。
4
建物の周囲に、人感センサーの照明をつけると、夜間は近寄ると光るので、泥棒などは近所の目が気になり近づきにくくなります。
5
泥棒は事前に生活パターンを観察して侵入してくるそうなので、ポストを大きくして新聞がたまらないようにしたり、 室内に干せる物干し掛けを利用したり、タイマーで照明やラジオをつけたりして、生活パターンや留守がわからないようにすることも有効です。
6
ベランダの中に万が一登られても、隠れることができないように、開放的に作ることも防犯につながります。
7
昔から泥棒が一番いやがるのは、犬といわれていて、犬の居る家への侵入を約7割が諦めるというデータもあります。実際は飼っていなくても犬マークを門や玄関に取付たり、人感センサーで犬の声を出して威嚇するのは効果的です。
8
留守の場合、侵入されたとき貴重品・金庫をわかりにくい場所に保管し(設計の段階から計画)、 できればダミー金庫を用意しておくのも一考です。
9
在宅中に入られたとき、まずは命の確保が第一。いわゆるパニックルーム(逃げ込める部屋)をつくり、外部に通報し、助けが来るまで避難できるように
することも大切です。
10
建物の周りは砂利敷きにすると、音を立てないで侵入する事が難しくなるので効果的です。最近では特に音がなりやすい砂利も販売されています。
11
新築などの場合、警備会社と契約し、家中に警備会社連動のセンサーをあらかじめ取付けられれば大きな安心が得られます。